2009年10月05日

妙な固執

芸術の秋☆
私は先日まで、「墨東綺譚」という昭和初期の舞台を、学校の発表会にて、やっておりました。

終わってホッとして、何か読もうと思って本屋さんに行き、手に取ったのは「細雪」。
ついつい同じ昭和モノを…(。・ω・。)
まだ読み始めですが、
谷崎は「痴人の愛」と、
大学で研究発表の為「陰影礼賛」しか読んだことないですが、
好きな方です。

あ、わたし一応、国文科卒なんです。

だが、人生で一番好きな作品は、フィクションのコテコテなロマン小説
藤本ひとみ「ブルボンの封印」ですexclamation×2exclamation×2
宝塚で舞台化される位、
笑っちゃう位非現実的なイケメンばっかり出て来るので読みながら時々こっぱずがしくなりますが。(笑)
ルイ14世の鉄仮面伝説の、驚嘆すべき斬新な解釈のお話なのだ!
本当によく出来てます。

初めて読んだのは高校生の時で、ほぼ徹夜して2日で上下巻を読み切りました。
ちょうど、パリ祭の日=フランス革命記念日でした。
それからというもの、パリ祭が近づくと毎年、無性に読みたくなって、読んじゃう変なくせがついてますの(^o^;
おかしいねー。

あ、因みに、周囲に薦めたら、読んだ人みんな…母、姉、友人1、友人2、家庭教師の先生 そろって徹夜で2日そこらで読み切りましたよexclamation×2
次は貴方の番。

あー、熱が入っちゃった
posted by Gotta2 at 22:26| Comment(0) | アーの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。