2009年01月21日

壁]д`)一番

壁]д`)アケテマシタネ、オメットサン

齢28となり、「若者」という単語に疑問を抱き始める今日この頃。
まだまだいけるか。
どうなのか。

ま、それはさておき一番好きな映画ですな。
実に難しい質問でありますな…
「一番〜な映画」ってなるとイロイロあるんだろうけど。

そうさな、せっかくだから最近一番衝撃を受けた映画にでもしておきましょか。

【The Dark Crystal】
監督はジム・ヘンソンとフランク・オズ。
ヘンソンさんはセサミ・ストリートの人形を作った人ですね。
安部級とか思い出しますね。
フランクさんは映画版のリトショでオードリーUを手がけたりもしてます。

実に単純なストーリーのファンタジー。
悪そうな種族が、自分たちを滅ぼすと予言された種族を滅ぼす。
その生き残りがなんとかかんとかしてしまうわけだ。

ちゃんと伝わってくるテーマがあったりなかったりするけど、
それはうっかり見てやろうとか思った人の為に伏せておくわけだ。


ストーリーと世界観は暗い感じだから好き嫌いが分かれる所だろうけど、
とにかくこの作品、造形が素晴らしい。
登場人物が全てマペットで構成されていて、
背景やら何やらも基本的に手作り。
(ごく一部合成はあったけど)

「困ったときにはCG」っていう雰囲気の昨今。
こんなに作りこむ作品はもう出てこないんじゃないか?っていう。
こんなん見ちゃったら、もうフルCGのアニメ映画なんかじゃ感動できない。
後でモノが残って面倒とかいろいろ問題はあるのかもしれないけど、
実に見習ってほしいものである。

操作は人の手でやっているか、あるいはラジコン。
どっちであるにしろ、細かい動きまでしっかりとしている。
「そんな細かい作業わざわざやらなくていいよ!!」
って突っ込みを入れたくなるくらい。

ちょっと説明すれば「食べるものにも困ってる」くらい分かるのに、
わざわざ食事のシーンとか。
実に手の込んだ「ただやりたかっただけ」。
こういうコダワリを見せ付けてくれる人がたまらなく好きなのです。



ちなみに、出会いの発端は同監督の【ラビリンス】が貸し出し中で、
隣に置いてあったのを手に取ったというもの。
こっちはずーっと貸し出し中なもんで、痺れを切らして買ってしまいました。

ええ、セットになってるヤツを見つけたから買ってしまいましたとも。
手作りの世界を堪能したい人は御一報くだされば貸し出しまする…
posted by Gotta2 at 00:16| Comment(0) | 壁]д`)コッソリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

淡々と

寒い日が続いていますね。

厚着をすると心まで重くなってくる様な気がしてしまうので、
寒い季節がちょっと苦手な須藤瑛子です。
でも、夏も苦手です。だって暑すぎるもん。

そんな私ですが、
雨は意外と嫌いじゃありません。

だって雨と云ったら!
「シェルブールの雨傘」でしょ!

私の好きな映画はフランスの作品が多いのですが、
その中でも一等輝いている作品はやっぱりぴかぴか(新しい)「シェルブールの雨傘」ぴかぴか(新しい)

私がビニール傘を好まないのも、
傘を購う時にやたらと拘ってしまうのも、
雨が降ると切なくなるのも、
トレンチ・コートとストラップ・シューズが好きなのも、
青いスカーフを見ると胸が締め付けられるのも、
もう此れみんな「シェルブールの雨傘」の所為だから!

いつかあのテーマ曲を歌うのが私の夢。
上っ面だけのお涙頂戴な歌じゃなくて、
本物の感情が透けるみたいに歌いたいのです、

「ただの甘美な旋律に彩られた悲恋物語」、
だと想ったら大間違いの此の作品。

さしたる激情も放熱もみせないまま、
ストーリーは淡々と進みます。

台詞を持たず、歌のみを用いての会話はひどく現実的。
たしかに叙情的ではあるものの、
何処か管理されている様な印象さえ抱かせます。

そう、
切ないけど、
信じられないけど、
人生ってこうやって続いてゆくのよね。
人は其れを生きてゆくのよね。

悲哀!

今年は「シェルブールの雨傘」製作45周年。
なんとデジタル・リマスター版の特別上映があります。

嗚呼ああ神様、ありがとうっぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

明日、前売券を購ってきます!
posted by Gotta2 at 02:41| Comment(0) | ようこの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ほのぼの

新年明けましておめでとうございます!

相馬と同じ年男の秀哉です。昨年はあれよあれよと言う間に過ぎ去ってしまったので、

今年は現実の厳しさを痛感する年になるのではないかなと思っております。

そんな2009年の抱負でも

『ダンス頑張る!』
『弟子!』

書いたら気持ちが引き締まった


さて、お題の「一番好きな映画はなんですか?」にお答えしましょう。

迷いましたが、やはりずっとずっと大好きなこの映画exclamation
『運動靴と赤い金魚』ですねぴかぴか(新しい)

これはですねぇ、ほのぼのなんだけどドキドキハラハラで暖かな作品なんですよ。
イラン(だったと思う)の小さな村の貧しい家庭の息子が妹の靴をなくしてしまい、妹の靴のためにお兄ちゃんが一所懸命頑張るというシンプルなストーリーなんですが、

このシンプルなストーリーの中に家族の暖かさがたっぷりなんですわ(TдT) なんか、ジーーーンとする作品です。

観た方はぜひぜひ御感想をるんるん

ではでは
posted by Gotta2 at 09:58| Comment(0) | しゅうやの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

謹賀新年!

明けましておめでとうございますexclamation×2ぴかぴか(新しい)

Gotta2がこの世(ネット上!?)にお披露目となり半年となりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げますexclamation×2

今はミュージカル座の2月・博品館公演「サイト」お稽古中です手(チョキ)でもお正月休みは有り難いことにガッツリ頂くことが出来ました。

ここぞとばかりにお料理とビデオ鑑賞三昧ですわーい(嬉しい顔)
久しぶりにシリアスというかちょっとコワイ映画を観ました、「ライフ・オブ・デイヴィッド・ゲイル」というので、知性派のケビン・スペイシー、ローラ・リニー、ケイト・ウィンスレットが出てます。
物凄く考えさせられました。

てなわけで、お題は「自分のNo.1映画は!?」にしましょー

私はホラーとスプラッターを除けば何でもたいてい好きです。
でも一番はディズニーの「ポカホンタス」ですexclamation×2
これ、文字通りビデオがすり切れました(笑)
興収はいまひとつ、絵も好き嫌いが分かれ、観たことがある人もそう多くは居ないようですが、
風景が綺麗exclamation×2音楽が綺麗exclamation×2物語が、ちょっとオトナでステキexclamation×2
台本も、キャラクターも、細かい表情までも、よく作られてると思うし、ミュージカルとしても、リプライズが上手く使われていて盛り上げ方が上手いと思うんです。
ぜひ観てみてください。

ではではまた☆
posted by Gotta2 at 00:52| Comment(0) | アーの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

年女!

賀正!!





新年明けましておめでとうございます!

今年も何卒よろしくお願いいたします。





なんて普通の挨拶ですんません。

面白くもえっち(?)でもなくてすいません。



そう。

私はニッポン人に最も多いと言われているA型です。

Gotta2の皆様をはじめ、愉快爽快な方々ばかりいるなか、普通すぎて申し訳ないほど
の人間でございます。



何かこれじゃ、A型=普通みたいになってますが…そんなわけじゃないんです。

言葉足らずをおゆるしくだせぇ。





でもね、私を見て知り合って『かわってるよね〜』

と言わんばかりに

『A型ではないでしょ?』

なんてセリフはしょっちゅうで。





『相馬さんてAB?』

『あっ、じゃあOだ?』

『へぇ〜じゃBなんだー!』





なんて流れもありました。

ちょ、血液型は3つかい?







だからいわゆるA型の性格には当てはまっていないんでしょうね。

ま、変ってるってゆーより私のずぼらさがA型以外を言わせるんだろうなー。と自分
では思っているんですがね。

どうも矯正しないと治らないみたいで…。

かれこれ6年目くらいの付き合いになる相棒いくらに、ようやくA型っぽいところが
見えてきた的なことをいわれました。

だから私は、舐めてるうちに色の変わる飴みたいな人間なのかなと思っています。





ってかそこまで私を見てくれたいくらを始め友に感謝ですね。



飴はとけちゃうだけだから、だんだん味のでるするめみたいな人間をめざして!







でもアイツくっさいからな〜

そして私の七味&マヨネーズを追い求めて…
posted by Gotta2 at 00:13| Comment(0) | ゆっこの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

2008年の総括

何かが終わる時って案外あっけないものですよね、今年ももう終わりです。
ソングス終わってからあんまり歌う機会のない淳です。

社会人も二年目だと言うのに今年も沢山のお誘いを受けてパフォーマンスに参加させて頂き、プロアマ問わず沢山のパフォーマンスを観ることができた年でもありました。

良いパフォーマンスって結局何なのでしょう。これは常に付きまとう命題ですし、かなり主観が絡んでくるところもあります。

個人的な考えですが、技術が浮いてしまうのはあまり良いパフォーマンスではないと思います。いくら上手でも、お客さんの心に届かなければ意味がないので。
逆に言えば、音程やリズムが甘かったりしても、何をしようとしているかがはっきりしていればよいのです。
曲のテーマを伝えるでもよいですし、お客さんとコミュニケーションをとってライブ感を作るでもいいでしょう。

パフォーマーにありがちなのが、自分のやりたいことだけをやるってやつです。
歌いたい曲を構成も考えずに選んでて、気持ち良いのは自分だけ。
本当に技術がプロフェッショナルな人はそれでもOKなのですが、そんなうまい人はプロでも滅多に見ません。アマチュアであれば尚更です。

人前で何かをするとき、慎重にならなければいけない。やりたいことは人前に出して耐えうるレベルなのか。
勿論妥当性を判断するのも自分達であるところに問題があるのですが、技術的な未熟さも含めて、メッセージを明らかにすること。

「全体」と「パーツ」の関連性を常に考える必要があります。
自分があてがわれたソロは、このパフォーマンスにおいてどういう役目を持つのか。
上手く歌って自分がよく見てもられればいいってもんじゃない。
更に言えば、全体を見ようとしないうえに技術が中途半端なパフォーマーは見るに耐えない、ってことですね。

ソロとしても成り立つ程度の技量とカリスマ性をを持つ一方で、アンサンブルに溶け込むことも出来る。それは非常に共存し難い要素なのですが、大切なのは常に意識し続けることでしょう。


って、僕は会社員なんですけどね。


今年も沢山勉強させてもらいました。
来年もまた、少しでもお世話になっている皆さんに何かを感じてもらえるようなステージを作れるようにしたいですね。

それでは皆さん、よいお年を!
posted by Gotta2 at 23:47| Comment(0) | 淳の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

意外なのか、ぽいのか

みなさん血液型の話で盛り上がってるようですね。

私はね。
B型なんですよ。

両親ともB。
両祖父母(4人とも)B。
その先は・・・さすがに知らないけれども。

まぁつまりは、生粋のBなわけです。

昔は意外って言われたんですけどね。
最近は「あー。」(納得のトーンね。w)って言われます。
もはやアウトローな部分を隠そうとしていないですから当たり前か。



久々に行った歌のレッスンの後、帰り道に綺麗な恵比寿のイルミネーションを眺めて。
あぁ、今年ももう終わりなんだなぁとつくづく思います。
早かったなぁ。
今までにないくらい時が過ぎるのが早かった。
というか充実していたのでしょうね。

来年はどんな1年になるのか。
もう本格的に舞台と関わることはない(のかもしれない)と思うと悲しい思いもありますが。
とりあえず社会の歯車になろうとあがく心づもりを固める次第でございます。


それでも私はきっと歌い続けるから。
人に聞かせるためではなくても、少なくとも自分が生きていくためには。



皆様、よいお年をお迎え下さい!
(まだ早いかwww)
posted by Gotta2 at 22:44| Comment(0) | リコの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

何型に…見えます?

はい、どーも。hiroreenでございます。

季節はすっかり冬ですねぇ…
町並みのライトアップ、心躍るイベントも間近、でしょうか?

さて、血液型ですか。
ワタクシ、何型でしょう?



A型?違う違う。
良く間違われますけれど。

正解はB型(BO)なのです。

私の性格って、一見するとA型、しかーし!ちょっと仲良くなると典型的な水瓶座のB型なんだそうです。
水瓶座=わが道を行く人
B型=変人
……。よーく、わかりましたとも。
別に、嫌じゃないですよ。

逆に聞いてみたいのはこっちのほう。
「なぜ初対面だとA型に見えるのか?」
自分自身のアイデンティティでも、水瓶座のB型でなんら問題ないのに。
わかった方、教えてくださいまし。
posted by Gotta2 at 02:08| Comment(0) | hiroreenの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

血液型談議

こんばんは。いくらです。

2日前にSongs公演の打ち上げがありましたーーハートたち(複数ハート)
公演終わってからもう2週間は経つのね。早いなあ。
なんだかんだ大勢で、そして久々にあんなにお腹をかかえて
笑いました。素敵な笑いをありがとう。




さてそんな打ち上げの席でも私のまわりでは血液型トークがあったわけですが、ええ、私はA型ですとも。
AOです。

割とA型でしょ?といわれることが多いし、私A型だし。笑
でも自分ではOが強いAだと思っています。
父A母Oなんだけど、この適当さはうちの母ゆずりだと思う瞬間が常だから(・ω・)
ま、なんでもいいよね!!←?




話は変わって、前回の私のブログを見るとドラえもんにハマり・・・
と書いてありますが、今私の中ではポニョブーム到来なのです。
(ブームとは去っていくものなのです。)


きっかけはポニョの歌を歌いながらレッスンに来た小2の女の子。

完璧に最後まで力を抜かず歌いきる姿に、ポニョ見に行かなきゃ!
と私は決心し、ついに先日見に行きました。(まだやってるのね。

そしてポニョも入っているジブリ連弾曲集を買い、
無理矢理、妹に相手をしてもらって連弾楽しんでます。笑


ちなみに私のポニョブームに貢献してくれた彼女に、
3月の発表会で、ポニョの曲やってみる?と言って聞かせたところ、
『ポニョは難しそうだから聞くだけでいいや』と言われてしまいました。涙

ポニョごめんよ。


posted by Gotta2 at 22:48| Comment(0) | いくらの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

壁]д`)血液型…

壁]д`)キョーミノナイコトハドーデモイイ

果てしなくB型なO西です。

母親OなのでBOなんですかな。
父親は恐らくBBのB。
弟共は私と同じBOのB。

あ、Songs for a new worldの皆様、お疲れ様です。
稽古の風景を全く見ない観劇は久しぶりなのかもしれません。
完全な客の状態で舞台を見ると、これまた見かたが変わってくるもんですな。

ま、それはさておき血液型でしたか。
性格判断とかどこまで当たっているのやらよくわかりませぬが…

記憶を探ってみると、就職してからは「A」と言われる事があったような。
ネコも化けの皮も被りまくりですから。
もっとも、最近は上司の体たらくのために数枚ひっぺがして生きてるけど。
OやABとか言われた記憶はひじょーに少ないキガスル。

Aは不思議といいイメージが強いですが、
Bって、何か負のイメージ強い気がしますね。
「飽きっぽい」とか「気が短い」とか「大雑把」とか。
ひとくくりに「ダメな子」の烙印を押されるような、そんな感じ。

だから「B型ですよね?」って言われると、
笑顔で頷きながら腸は煮えくり返るのです。
「あなたは4人に1人のダメな子です」って事でしょ。
発言に悪意があるか無いかはともかく、いい度胸をしていらっしゃる。
っていう被害妄想はどうでしょう?

「〜型の性格診断」よりも、「〜型だと思う理由」の方がキニナル。
絶対に一致してないだろ。

まぁ、そもそもきょーみがないからどーでもいいんだけど。





とか言いながら、あとでコッソリ調べる私はきっとB型。
posted by Gotta2 at 06:14| Comment(0) | 壁]д`)コッソリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。